11.12.2 バグを修正する7つの戦略

内容

バグ修正は大きなコストとなる。
そのための7つの戦略の紹介。

戦略説明
そもそもバグを作らないそのまま。ツールを駆使してヒューマンエラーを減らそう。
できるだけ早くバグを見つける自動回帰テスト環境を作ってフィードバックを早くし、バグ発見を早くしよう。
バグを見つけられるように設計するカプセル化されていれば、バグは特定しやすくなる
正しい質問をするまず何が正しいのかを明確にする。その次にどこにギャップが有るのかを明確にする。
バグをテストの不足とみなすバグを見つけたら修正する前に失敗するテストを書き、その後にコードを修正する。
バグは誤った想定のもと起きるので、まず何が誤った想定なのかを把握し、ユニットテストで具体化する。
そうすることで二度と再現しなくなる。
欠陥をもとにプロセスを修正するバグが見つかったら、なぜそのバグが発生したかを、開発プロセスの観点で確認する。
開発プロセスに原因があるのであれば、ツールでヒューマンエラーを防げないか検討する。
失敗から学ぶ↑に似ている。バグを教訓に設計、プロセスを修正する方法を探す。

学び

  • バグが起きたら再発防止フローを徹底する。
    なぜ起きたのか、どんな種類のバグなのか、ツールで防ぐことができないか、開発プロセスが原因ではないか。

学びを活かすアイディア・行動

  • 現場にレトロスペクティブの観点として展開できる。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です