12.9.2 コードをクリーンにする7つの戦略

内容

コードをクリーンにする7つの戦略を紹介している。

戦略説明
コードに語らせる何をしているかわかる明確な名前をつけよう。
不要なコメントも減るよ。
テストを足すために、接合部を作る
メソッドの凝集性を高めるメソッドがやりすぎているから名前がつけづらくなる。
小さく分けよう。
クラスの凝集性を高めるクラスがいろいろやりすぎているから名前がつけづらくなるし、設計が理解しづらくなる。
意味が明確に分かれているところは、分けよう。
判断を集約するビジネスルールは集約させたほうが、理解しやすいよ
ポリモーフィズムを導入する条件パターンが増えそうなところはポリモーフィズムを使っておけば、そのクラスは変更しなくて済む。
生成をカプセル化するポリモーフィズムを使っているクラスではインスタンスは生成させない。
ファクトリーを使うかスタティックメソッドを使ってインスタンス化しよう。

学び

  • メソッドもクラスも名前をわかりやすくつけて、ポリモーフィズムで条件を減らせば、コードはだいぶわかりやすい。
    そのためにはテストファーストで創発設計しながら適切な設計にしていこう。

学びを活かすアイディア・行動

  • 現場のコーディング規約づくり

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です