3.2 小さいほどよい

3.3 アジャイルの実践

内容

アジャイルでは、長距離ランナーのように小さなラップでゴールまでの道のりを徐々に明確にしていくことを良しとしている。

プロジェクトが計画が立てづらい理由は様々だが、惰性ではない。

ポイントになるのは、小さなスコープ、仕事を決めていき、それをタイムボックスの中で消化していく。タイムボックスは1イテレーション1〜2週間にすることが多いが、重要なのは期間ではなく、小さくスコープ、仕事を分けられているかどうか。

それが明確なゴールへと近づけてくれる。

この点を理解していないと、アジャイルしているとは言えない。

ソフトウェアは物理法則に従っていないため、同じように捉えると痛い目に合う。
そして群を抜いて不安定なので、小さく確実に進めたほうがよい。

学び

  • 小さな仮説検証サイクルを回すために小さなタスクをつくる

学びを活かすアイディア・行動

  • 大きな案件は小さいタスクにちぎる

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です