5.7.1 プロダクトオーナーのための7つの戦略

内容

SMEになる
その分野、プロダクトにおける専門家になる。

開発を発見のために利用する
開発中の機能を何百というユーザーに触ってもらい、正しく進んでいるかを確認する。

どうやって手に入れるかより、何が欲しいかを説明する
開発者には何が欲しいかを説明し、やり方は裁量を与える。それにより保守性が高くなる。

質問をすばやく答える
POはボトルネックになりやすいので質問が来たら早く答える。

依存性を取り除く
誰かが何かにかかりきりにならないようにタスク分割し優先順を変え、チームが柔軟に動けるようにする。

リファクタリングを後押しする
機能要求だけでなく、保守性にも敏感である必要がある。

学び

  • イメージが沸かないことが多いので具体的な経験を積む必要がある

学びを活かすアイディア・行動

  • ユーザーのABテスト

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です