6.9 バックログを作る

6.10 ストーリーをタスクに分解する
6.11 タイムボックスの外側を考える
6.12 スコープを管理する

内容

アジャイル開発の進め方の重要なポイントはスコープを管理しながらリリースできるかどうか。

そのための方法として、バックログ(ストーリーをリスト化したもの)を作る。
最初に優先順を決めて進める。なにか良いアイディアが出れば、途中でそれを入れる。優先順は入れ替えれば良い。

ストーリーは実際に行うタスクに分解する。
理想は最大で4時間程度。
8時間の労働時間の場合、4時間が理想。
稼働率100%の高速道路は、駐車場のようにびっしり車がつまってしまっていて、まったく機能していない状態を指す。ある程度のゆとりがあるからスピードを出すことができる。
人間も同じでバッファがないと逆に動きづらくなる。

ある程度、小さな時間のタスクを消化し、リリースすることに慣れたら、機能をスコープにしてリリースすることにシフトしよう。

学び

  • ビジネスに対して主体性が伴ってこその方法だと感じた。
  • やらされてやっているようではその意味を感じられない可能性がある。

学びを活かすアイディア・行動

  • 大きなタスクを分解するときに、概算見積もりをつける

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です