8.7 コードレビューとレトロスペクティブのスケジュールを立てる

8.8 学習を増やし、知識を広げる
8.9 常にメンター、メンティーであれ
8.10.2 レトロスペクティブの7つの戦略

内容

ペアプロの本質の1つはリアルタイムなコードレビューが含まれているということ。
しかし、チーム全体に共有する時間を持つと、尚良い。

また、ペアプロで上手くいったことや上手くいかなかったことの共有としてレトロスペクティブを行い、チームで共有することも良い。

今は、個がスペシャリストになればそれで良いという時代ではない。
横断的に情報を展開し、さまざまなことができるチームになることに価値が置かれている。
外部の人とも積極的に混ざり合い(機密情報はもちろん伏せる必要があるが)、楽しく知識を増やそう。

ときには孤立するかもしれない。
しかし、目的にフォーカスする姿勢、教えることは教わることがという謙虚な姿勢と、新しいことを受け入れる勇気を持ち、協働して作る世界に入ることは自分にとって多くのメリットがあるはずだ。

レトロスペクティブの7つの戦略

  • 小さな改善を探す
    組織(人)は変化を嫌う。特に、同時に多数な変化があることを嫌う。
    小さな改善を積み重ね、徐々に改善する。
  • プロセスを責めよ。人を責めるな
    誰かが原因で問題が発生した場合でも、その人の問題にフォーカスするのではなく、その人がそうなってしまった開発プロセス全体をフォーカスする。
  • なぜなぜ5回をやってみる
    問題がなぜ起こったかを自分たち自身で問う。4回目あたりから想像もしなかった真因が見える。
  • 根本原因に取り組む
    そのまんま
  • 全員の意見を聴く
    問題に対して全員の目線が揃っているかは重要。
    出揃っていない場合、偏った解決策になる可能性がある。
  • 人に権限を
    改善行動に取り組む際には、必要なものを与える。
    特に、権限と責任を与え、勇気を持って取り組ませる。
  • 進捗を測る
    改善は明確なゴール、指標で計測できる状態にすることで効果が図りやすく、さらなる改善につながる。

学び

  • 学びを共有することにさらなる学びがある

学びを活かすアイディア・行動

  • まずペアプロの実践

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です